• 杉町 徹

(2019.5.31読売新聞)中小後継者に保証求めず 企業代替わり促進…政府、20年以降



これは大きなトピックです。

従来から公庫における、無担保無保証となる新創業制度を勧めてきましたが、一般事業融資においても適用範囲が拡大されることは代替わり促進に効果があるでしょう。

一方、創業融資と同様に創業計画(事業計画)の妥当性により、融資の可否が左右されるようになると推測します。

当事務所は創業時の創業計画だけでなく、継続企業の事業計画にも対応いたします。

融資のことは、融資審査を知り尽くした当事務所にお任せ下さい。

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190531-OYT1T50109/


19回の閲覧

最新記事

すべて表示

サイトのリニューアルに着手しています

開業に合わせて手探りで作ったこのサイトですが、お陰様でそれなりの実績も積むことができましたので、専門家の手を借りてリニューアルすることにしました。 4月よりコロナ融資について情報発信するために本格的に取り組んだTwitterですが、ありがたい縁が拡がって多くのフォロワーさんと交流させていただいてます。 そのTwitterで知り合い親しくなった りょうさん がオーナーをされている 「オンラインバーゆ

新型コロナ感染症の影響が長期にわたる可能性が高くなったため、当方の勧める対応策を修正しました

コロナ融資を受けるだけではすぐお金が無くなります 。 家賃や諸支払の猶予・減額交渉も併せて行い、融資金の導入効果を高めましょう 。 補助金助成金はいつ出るか不明瞭、過度に期待せず申請は確実に 。 長期化をにらみ、現状での売上確保に向けた工夫も必要。 #コロナ融資 #公庫

新型コロナウィルスの感染で影響を受けている事業者の方へ

当事務所にも多くの相談を頂戴しています。 政府も様々な対策を講じてきていますが、先行の見通しが不透明な中、事業者の方々の不安は大きいことでしょう。 当方の関与先にもアドバイスしましたが、私は先行の見通しがつかない現段階においては支援策として融資を受け、運転資金を得る方法はおすすめしません。 私は売上の回復が見込めるまで、金融機関からの借入の返済猶予を求める方法をおすすめします。 売上の回復が見込め