• 杉町 徹

失敗しない起業・開業ではなく、失敗してもいい起業・開業


数多くの新規起業・開業企業を見てきました。 数多くの事業継続断念企業を見てきました。 新規起業・開業は確かに難しいことと思います。 でも、再起不能とならなければ、再度のチャンスもあると思うんです。 つまり、失敗しても再起不能とならないように起業・開業すればまた未来はあるということ。 それはどういうことか。 ダメでも個人信用情報にキズをつけず辞めれるように起業・開業すること。 事業に失敗しても、いざとなったら勤務収入で返済できる額に借り入れを抑えること。そのために自己資金を準備すること。 さすれば、またチャンスをうかがえると思うんです。


0回の閲覧