• 杉町 徹

新型コロナ感染症の影響が長期にわたる可能性が高くなったため、当方の勧める対応策を修正しました

コロナ融資を受けるだけではすぐお金が無くなります 。


家賃や諸支払の猶予・減額交渉も併せて行い、融資金の導入効果を高めましょう 。


補助金助成金はいつ出るか不明瞭、過度に期待せず申請は確実に 。


長期化をにらみ、現状での売上確保に向けた工夫も必要。


 #コロナ融資 #公庫

39回の閲覧