初動画に挑戦(YouTubeデビュー)しました!!

Twitter、リアルともに懇意にさせていただいている神戸三宮社会保険労務士事務所の所長である石川琢磨先生による親身かつ強力な?勧めに従い、私の人となりの一部でも知っていただくため初めてYouTubeデビューしました! 字幕もタイトル画もなく拙さ満開ですが、成長の記録としてこの状態でアップすることにいたしました。

少しでも私という人物を知っていただき、気軽にご相談いただけたらと願っております。

以下のリンク、並びに当HPの「ご挨拶」からご覧いただけます(所要時間2分)。


なおこのYouTubeチャンネルでは今後、公庫融資についてのポイントの解説や業務とは無関係なくだらないことも(笑)アップしていく予定です。


https://youtu.be/m6DqX5joD_M




閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何年と日本政策金融公庫の支払相談業務に携わってきたなかで、様々な企業・事業者が廃業に至る過程を見てきました。 今回はその見てきたパターンの一つを紹介します。 1.ボチボチの収支だったところ規模拡大をおこなうも、思ったほど売り上げが確保できず収益が悪化する。 2.現預金が減少を続ける、社保や消費税、従業員の給与の順で支払が遅れだす。 いよいよとなり金融機関に融資の申し込みをおこなうが謝絶されリスケと

コロナ融資はその社会的意義と政策目的により、比較的迅速かつ簡便な審査で実行されました。しかし簡便な審査で実行されたからといって、融資であることには変わりありません。 状況に合わせ支払条件変更などの余地はあるにしろ、返済しなければなりません。 また創業融資においても同様で、当然ながら利益を優先する民間金融機関では手の出しにくい、リスクの高い分野を補完するという公庫の設立趣旨に沿って融資判断がなされ、