そのまま融資が可能と思われるケースでは、相談料以上は頂きません


当方の融資可能性診断は、1時間1万円(税込)の有料制です。

一通り状況をお伺いして、当方の見込みをお伝えします。

100%の結果保証はできませんが、その後自力で申込される場合では追加の費用は発生しません。

もちろん手続きに不安があったりして支援が必要とのことであれば、有償にて喜んでお手伝い致します。


公庫勤務時代、明らかに自力で申し込んできても融資が可能と思われる方が、コンサルタントの関与のもとに申し込んできているケースを多々目にしました。

きっと高い報酬を払っているんだろうなあと想像したものです。


もちろん有益な支援をされているコンサルタントも大勢おられます。

しかしそんなんいらんやろとか、コンサルタントがいても無理なもんは無理ということがあったのも事実です。


そういった経験から、申込が不安でも極力余計な出費がかからないようにしました。

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何年と日本政策金融公庫の支払相談業務に携わってきたなかで、様々な企業・事業者が廃業に至る過程を見てきました。 今回はその見てきたパターンの一つを紹介します。 1.ボチボチの収支だったところ規模拡大をおこなうも、思ったほど売り上げが確保できず収益が悪化する。 2.現預金が減少を続ける、社保や消費税、従業員の給与の順で支払が遅れだす。 いよいよとなり金融機関に融資の申し込みをおこなうが謝絶されリスケと

コロナ融資はその社会的意義と政策目的により、比較的迅速かつ簡便な審査で実行されました。しかし簡便な審査で実行されたからといって、融資であることには変わりありません。 状況に合わせ支払条件変更などの余地はあるにしろ、返済しなければなりません。 また創業融資においても同様で、当然ながら利益を優先する民間金融機関では手の出しにくい、リスクの高い分野を補完するという公庫の設立趣旨に沿って融資判断がなされ、