【年内新規相談対応終了のお知らせ】

先だってより創業及び既存企業にかかる資金調達支援の相談が急激に増加したため、年内の対応が困難となりました。

つきましては誠に申し訳ありませんが、新規相談にかかる年内対応を終了とさせていただきます。なお、現在受付済みの案件の対応は継続いたします。


相談の受付自体はメールや当HPのフォームにて年末年始でもお受けしております。

(対応は年明け1月10日(月)から受付順におこなって参ります)


どうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何年と日本政策金融公庫の支払相談業務に携わってきたなかで、様々な企業・事業者が廃業に至る過程を見てきました。 今回はその見てきたパターンの一つを紹介します。 1.ボチボチの収支だったところ規模拡大をおこなうも、思ったほど売り上げが確保できず収益が悪化する。 2.現預金が減少を続ける、社保や消費税、従業員の給与の順で支払が遅れだす。 いよいよとなり金融機関に融資の申し込みをおこなうが謝絶されリスケと

コロナ融資はその社会的意義と政策目的により、比較的迅速かつ簡便な審査で実行されました。しかし簡便な審査で実行されたからといって、融資であることには変わりありません。 状況に合わせ支払条件変更などの余地はあるにしろ、返済しなければなりません。 また創業融資においても同様で、当然ながら利益を優先する民間金融機関では手の出しにくい、リスクの高い分野を補完するという公庫の設立趣旨に沿って融資判断がなされ、